環境計量士その54_2020年度まとめ

こんにちは

今年の環境計量士(濃度)の勉強内容をまとめました。
色々書こうと思ったけど、過去の勉強記録を遡ったら
かなり密度が薄く、そこまで書くことがなかったです・・・。

<基本データ>
受験回数:3回目
昨年度点数(自己採点):午前26/50、午後27/50で惜敗
勉強開始:12日前 
実質勉強日:8日 
総勉強時間:24時間
結果:合格(午前30/50、午後30/50)

思ったよりサボりまくりだった( ;∀;)

詳細は過去の記事を参照ください。
決して、少ない勉強時間自慢をしたいわけでなく、
記録を辿ってきた事実です。

<勉強内容>
過去問直近5年分(4年分は公式e-ラーニング、1年分は公式本)を2周。
テキストは使用せず。

<勉強のログ>

集計ミスかと思うくらい、1周目と2周目の得点が同じでした。
どう解釈してよいのやら・・・・。

<感想>
私は、テキストで勉強してから過去問に取り組む派なので、過去問のみで試験に臨むのは
あまり得意ではありません。
しかし、環境計量士の良いテキストがないのでこうなりました。

改めて勉強記事を遡ると、なんでこんなにサボってしまったのか
謎です(´・ω・`)

<備考>
ぬくぬくさんのバックグラウンドは大学院(修士)は化学工学専門、前職私立大化学系学科助手の
化学つよつよ勢です。

ではでは

コメント

  1. 匿名 より:

    これで計量証明会社でも働けますな(‘ω’)