技術士その53_今年の総監は見送り(物理的に無理)

こんにちは

今年度の技術士二次試験の、特例措置での申込期限は5/13(必着)です。

先日からせっせと総監の受験申込書を作成していましたが、最後の最後でわからないところがでてきました。

わからなかったことは、
・総監の業務経歴証明書は、総監以外の二次試験の合格証があれば、証明(印)は省略できるのか
・それとも、総監を初めて受ける場合は、改めて証明(印)が必要か
という点です。

ググってもわからなかったので、技術士会に問合わせました。
期限まであとわずかなので、電話すべきだと思いましたが、内容がややこしいのでまずはメールを送りました。
返信が遅いようだったら電話するつもりでしが、返信はすぐきました。

==================================================
お問い合せ内容:
お世話になります。
前回令和2年の試験で、応用理学部門(物理及び化学)の二次試験に合格した者です。
この度、特例措置により、総監に申し込もうと思い、貴HPよりダウンロードしたエクセルで申込書を作成しています。ところが、エクセルシートの最後の方の「業務経歴証明欄の記入及び証明書の省略」で、選択肢に「総監ではない二次試験合格証等」が無くて困っております。初めて総監を申し込む際には、改めて業務経歴証明欄に証明印を受ける必要があるのでしょうか?
その場合は、転職しておりますため、会社からの証明印が今年は間に合わないので、来年受験したいと考えております。
何卒よろしくお願い申し上げます。
==================================================
ぬくぬく様(←実際のメールでは本名ですよ)

お問い合わせいただいた件ですが、ご認識のとおり総合技術監理部門を初めて受験される場合には、実務経験証明書の証明欄の省略ができないため、あらためて証明を受けていただく必要があります。

なお令和3年度より証明欄の押印は廃止し、証明者が電話番号とメールアドレスを記入することをもって証明を受けたものとするという形になります。

恐れ入りますがよろしくお願いいたします。
==================================================

間に合わない。どう考えても間に合わない。今日は5/10で期限は5/13必着。
前々職の古い大企業で証明を受けようにも、まず1・2日じゃ無理。
2週間は必要。
メールアドレスと電話番号だけでいいといっても、上司や役職も、すべて当時のままでない(定年や昇進)
ので、無理。
(メールで業務内容の文面を送って、代筆で署名とかは技術者倫理的にやめておこう)

というわけで、物理的に今年は総監受験が無理になりました。

できることとしたら、2部門目受験。これなら間に合う。これしか間に合わない。

受けるか(受けるとしたら化学部門か機械部門)、今日一晩考えます。

ではでは

コメント

  1. 匿名 より:

    こんばんは。
    先ほど、総監受験の応援コメントを書き込んだものです。
    ことの仔細を拝見しました。

    確かに、総監の経歴においては、後半部分の欄に「~の指導」といった表記で指導経験をアピールするのがセオリーなため、その証明が新たに必要になってしまうのでしょうね。

    とはいえ、手引きの下記はご確認されていますか?

    ========

    * 受験に必要な業務経歴の年数内に勤務先が変わっている場合、
    現在の勤務先(退職している場合は直近の勤務先)から証明を受ける。

    ========

    資格試験においては、前職に遡って証明を受けなければならないものも
    ありますが、こと技術士試験では現在の勤務先でOKなはずです。
    現職の上司から速やかに証明を貰うのは難しいのでしょうか?

  2. 匿名 より:

    ご心配の様子から察すると、今まで過去の受験票を利用して受験されていたということでしょうか?
    手引きの文言は、試験機関側の性善説的な緩和措置と理解しています。
    7年の間に職を点々とすることは、ままあることです。(例えば人間関係での退職など)
    そのような状況下、方々で証明を貰うのは相当困難ですし、諦める人も続出するでしょう。
    杓子定規なことに拘っていたら、相当数の受験が成立しないと思います。
    一方、古い経歴で自信なさげに受験しても上手くいっている事例が散見されるので、ブランクは問題視されないと考えます。さらには、おそらく現職がどういう会社かまで詮索されないと思います。
    失礼ながら、質問文ではぬくぬくさんの転職事情を詳細に説明されていないので、「現職のみでの証明はダメ」という回答にはなっていないと解釈しています。

  3. 匿名 より:

    ご心配の様子から察すると、今まで過去の受験票を利用して受験を続けていらしたということでしょうか?
    コメントのいずれについても断定はできませんが、たぶん大丈夫かと思います。
    頑張ってください。

    • ぬくぬく より:

      その通りです。過去の受験票から芋づる式に受験をしてきました・・・。

      上記のお二方からのアドバイスをもとに、
      こんな感じで、問い合わせてみようかと思っています。
      (下手につつかず、しれっと申し込んだ方がいいのかもしれませんが、ドキドキして待つよりはサッパリしたいので)
      もしダメと言われたら、来年出直します。

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      お世話になります。
      前回令和2年の試験で、応用理学部門(物理及び化学)の二次試験に合格した者です。
      この度、特例措置により総監に申し込むため、貴HPよりダウンロードしたエクセルシートで
      申込書を作成しています。
      そこで、業務経験の証明につきまして、お尋ねいたします。

      「令和3年度技術士第二次試験受験申込み案内」 p31に

      業務経験〔上記の2つ以外〕 の場合
      * 受験に必要な業務経歴の年数内に勤務先が変わっている場合、
      現在の勤務先(退職している場合は直近の勤務先)から証明を受ける。

      とございます。上記の但し書きに関してのお尋ねです。

      私は、大学院修了後、
      5年間・・・化学メーカー 技術員
      次の5年間・・・大学 技術員
      次の2年間(現在まで)・・・出版社 編集者
      の職歴があり、化学メーカーと大学のあわせて10年で、
      〔経路3【B】の場合、技術士第二次試験合格者は、7年を超える期間〕
      の受験資格で総監の申し込みを考えております。

      そこで、最初の但し書きについてですが、化学メーカーと大学は退職しているため、
      現在所属している出版社で、その前の化学メーカーと大学在籍時の10年間の
      業務経験の証明(出版社の者が、電話番号とメールアドレスを記入する)をして、
      総監に申し込むことは可能でしょうか?

      それとも、業務経歴に含める10年のうちの、直近の職場である大学から、
      証明を受けなければならないでしょうか?

      よろしくお願いいたします。

      • ぬくぬく より:

        まさか申し込みで苦労してしまうなんて、自分でもワロタ・・・。
        なんかイケる気がしてきたので、これから業務の詳細を作成します・・・。

        メールは日付が変わった頃に送ってみます。

        • ぬくぬく より:

          色々アドバイスを頂くうちに、しれっと出しちゃうのもアリな気がしてきたけど、今いる会社(出版社)にもキチンと説明するため(仁義を通すため)、しっかりメールで問い合わせることにします。

  4. 総監のひよ子 より:

    質問内容はOKと思いますし、下記もご参考までに。
    https://www.engineer.or.jp/c_topics/003/003681.html

    いずれにしても、現職の上司の理解さえあれば、大丈夫な気がします。

    誤連投もありましたが、総監記事のいずれも同一人物の書き込みです。
    しつこいお節介ですみません(-_-;)

    • ぬくぬく より:

      ありがとうございます><

      URL先をよく読んだところ、(最初から読んでおきなさいという話ですが( ノД`))

      Q:転職により勤務先が複数あるが、証明はどうすればよいですか。前の会社からも証明を受ける必要がありますか。
      A:転職等により勤務先が複数ある場合や、現在の勤務先での期間が短い場合でも、受験申込み時の勤務先から過去の経歴を含めて証明を受けてください。現在の勤務先から証明を受けられない場合は、以前の勤務先から証明を受けてください。

      Q:受験申込み時に無職の場合はどうすればよいですか。
      A:初めて第二次試験を受験する場合は業務経歴の証明が必要ですので、最終勤務先から証明を受けてください。

      とあるので、もう大丈夫と判断し、「しれっと申し込み」作戦に切り替えたいところですが、今いる出版社は仁義を重んじるので、問い合わせて、技術士会から十中八九OKと返信頂いたものを印刷して添えて、上司(または総務部長)の署名をもらいます。
      (手ぶらでお願いして、説得・説明できる自信がないため・・・)

      ありがとうございました。業務詳細作成頑張ります。

  5. 匿名 より:

    技術士は受験手続きから大変ですね
    転職より大変そうです

  6. 総監のひよ子 より:

    しつこく勝手な老婆心ながら、総監は他部門と切り口が異なる点に注意が必要です。

    口頭試験を念頭に入れて、願書を作成する点は一致しているものの、口頭試験の採点項目は
    下記のように異なっています。
    https://ameblo.jp/nkumakuma/image-12672519576-14936695533.html

    作成においては、下記が概ね参考になると思います。
    https://coolangeng.com/how-to-develop-your-detail/

  7. 匿名 より:

    徹夜!? 体力は大丈夫ですか?
    思えば去年は1年で技術士、公害防止、環境計量士を取得されたんですね。
    難関資格を複数取得するとかすごすぎます。超人です・・・

  8. 総監のひよ子 より:

    同じ技術士の方に愚問でしたね。
    申し込み、頑張って下さい。
    挑戦記を楽しみにしています。