エネルギー管理士試験その1

エネルギー管理士。年1回、夏頃に試験があります。受験料17,000円と高価なことでも有名。
熱管理士と電気管理士が統合された資格なので、科目も熱or電気と選択する必要あり。
試験科目は4科目で、科目合格の持ち越し制度あり。電験等と同じで3年間で4科目受かれば合格。
試験に合格しただけでは免状を取得できず、1年間の実務経験が必要。免状取得前の実務でも申請OK。
巷には、部屋の照明のON/OFFの管理だけで実務となると言われることもあるが、
それで撥ねられたケースも見受けられました。
化学メーカーに勤務していた頃の取得奨励資格で、当時部長以上のほぼ全員が取得していたらしい。
講習で取得可能だが費用も時間も相当かかる。もちろん最後に修了テストもあります。
というわけで、試験受けてきました。試験に関する細かい事は省エネルギーセンターのHPを参照下さい。
まずは、結果だけ。熱分野を受けました。
1年目
使用参考書
エネルギー管理士試験 熱分野 徹底研究(オーム社)
勉強期間:3週間
合否:科目合格 科目Ⅰ・科目Ⅲ
2年目
エネルギー管理士試験 熱分野 徹底研究(オーム社)
エネルギー管理士直前整理(省エネルギーセンター)
例題で分かる工業熱力学(森北出版)
勉強期間:3週間
合否:科目合格 科目Ⅳ
3年目
エネルギー管理士試験 熱分野 徹底研究(オーム社)
わかりやすいエネルギー管理士 合格テキスト(弘文社)
エネルギー管理士直前整理(省エネルギーセンター)
エネルギー管理士試験模範解答集(省エネルギーセンター)
やさしい熱計算演習(省エネルギーセンター)→挫折しました
例題で分かる工業熱力学(森北出版)
スバラシク実力がつくと評判の熱力学キャンパス・ゼミ(マセマ)
勉強期間:2ヵ月
合否:科目Ⅱ合格見込み(得点率90%)
一言:過去問は大切です。3年目に過去問集を買うという愚かさ。
enekakou.jpg