TOEICテストその2_長い付き合い

こんにちは
今回は語学学習についてのまとめです。
英語に関しては、英検、TOEIC、TOEFL-CBT、TOEFL-iBTの受験経験があります。
ここではTOEICに関して、まずスコア得点推移を記します。
大学院22toeic2.jpg
まず、初受験は大学に入った直後に受けたIP(公式ではない団体受験テスト)です。
スコアは580でしたが大学受験においては英語が苦手ではなかったので、まずまずだと思います。
次に、大学2~3年の間はTOEIC特化の対策をしなくても大学の講義のみで英語力は上がっていきました。
大学4,5年次(留年してます)は、就職するにせよ院に進むにせよTOEICのスコアが必要らしいと聞き、色々勉強しました。テクニック系の本にも手を出しました。
大学院に入ってからはあまり勉強せず、年1回くらいのペースで現状維持を保ちました。
就職してから、公式問題集をベースとする勉強法にたどり着き、800を超えました。
ここ5,6年で800を割ったのは一度だけです。
学生時代スコアを上げようと必死でスキミング、スキャニング、L中にR問題を解く(現在は明確な禁止事項)、先読み等いろいろ試みた時期がありましたが、800超えてから現在まで使っているテクニックは先読みだけになりました。
先読みというのは、
①リスニングのパート説明が読まれているうちに、第1問目の問題文と解答選択肢を読んで記憶する。
②パート説明が終わり、第1問目の問題文が読まれている間に第1問目の解答を終える。
③引き続き第1問目の問題文と、次いで解答文、選択肢が読まれている間に、第2問目の問題文と解答選択肢を読み記憶。
④第2問目の問題文が読まれている間に第2問目の解答を終える。
以下繰り返しでどんどん先に進んで解いてしまう方法です。
先読みを使わず受けて、結果を比較しても良いのですが、先読みに慣れてしまうと問題文を読み上げている時間が手持ち無沙汰になってしまうので、先読みを使ってしまいます。
ここ1年TOEICは受けてませんが、リスニングパートの時にリーディングパートを解くことはご法度なのでもちろんやりませんが、リスニング中の先読みも禁止になったら従うしかないでしょう。
その他、英会話教室も3年前から通っております。(今年に入ってからは休学中)
勉強に用いた参考書等はいずれ記していきます。
でわでわ。

コメント