技術士その2_部門決定

 こんにちは
 今回は技術士に関してです。「その1」に示したように、化学メーカーに勤めていた私は当然のように化学部門を受験していたのですが、2年連続で落ちてしまい部門の転向を考えるようになりました。直近3年はエネ管試験と日程がかぶったり、申し込み忘れによって受けておらず、その期間において試験制度が変わってしまいました。
2次試験には、各部門とも
①必須科目(択一):20問中15問選択 6割以上で合格
②専門科目(記述)
の2科目あり、必須科目が合格ラインを超えないと専門科目は採点されないとのこと。
本日、今年度分の必須科目の過去問を解いてみたところ、
応用理学部門:9/15
化学部門:6/15
という結果となり、専門科目の問題を見ても応用理学部門のほうが簡単そうだったので、来年受ける一つ目の技術士試験は応用理学部門にしました。
 化学部門も応用理学部門も必須科目は大学学部2年レベルより上、院試験より少し簡単なレベルといった印象を受けました。
 ただ、どちらもあまりに範囲が広すぎて、正直なところ勉強法が思いつきません。もちろん巷には両部門の参考書等は出ていません。(高価な通販・情報商材系なら僅かに検索に引っかかりました)。技術士2次試験向け出版物の95%以上は建設部門のものでした。まあ、受験者数・業務上の権限からして当然ですが・・・。
 
 現状でも、応用理学部門の必須科目はぎりぎり合格ラインが取れるくらいであり、専門科目もぎりぎり合格ラインを取れるかどうかっぽいので、とりあえず簡単に大学時代の教科書を復習して一度新形式の試験を受けてみようと思います。
 どなたか、応用理学部門に受かった経験のある方は勉強法を教えてください。(⊃ω・`。)
 ではでは。

コメント