電験その11_レビュー⑥マンガでわかるモーター

 こんにちは
 今回はマンガでわかるシリーズ6冊目のレビューを行います。

⑥「マンガでわかる モーター」, 森本雅之(著), 嶋津蓮(作画), トレンド・プロ(制作),
Ohmsha, 2000円(税別)
p1.jpg

通読目安 :70分(漫画部:30分、活字部:40分)
全190ページ内訳:漫画部約130ページ、活字部約60ページ
難易度  :★★☆☆☆
分かり易さ:★★★★★
電験対応度:★★★★★
ストーリー:★★★★☆
作画   :★★★★☆

 モーターの力で寂れた商店街を救え!敵も味方もご近所さんも全員指導者、まさかの全包囲網指導者物語。
 全190ページ中、漫画部が130ページと多く、活字部もフォントが大きく字数も少ないため1時間強あれば読破できるかと思います。活字部は本シリーズではおなじみのフォローアップという扱いで、漫画部の補足をメインとし、追記として漫画部で登場しなかった新たな項目の説明となっていますが、非常にこのフォローアップの使い方が上手く、マンガでわかるシリーズのお手本のような出来となっています。内容は、モーターを中心とした電気機器に関することがうまくまとまっています。電験では機械科目に相当する範囲が説明されています。

【ストーリー】
 一浪の末大学生となった文系学生「和田創太」は上京したばかりで、家電を買い揃えるために近所の歯車商店街に足を運んだ。たまたま見つけた電気店、「千堂電気店」で看板娘でモーターフェチの「千堂こいる」に熱烈な歓迎を受ける。こいるの父「岩次郎」に、近所の薬局の跡取り「修」も加わり、モーターの歴史、実用性、大切さを学んでいく。そんなある日、不動産屋「金丸」とその取り巻きのチンピラが商店街を再開発させようと地上げを目論みやってくる。モーターが進化したように商店街も進化すべきだと再開発を推し進める金丸。はたして商店街はどうなってしまうのか。そして金丸の本心とは。
・・・といった具合で、商店街の存続をかけた人情ストーリーとなっています。落ちこぼれてはいないが、電気に関して全くの無知な文系大学生、和田に皆で電気機器を教えていきます。皆の中に、地上げ屋の金丸もなぜか含まれており、なんということでしょう、非常にわかりやすく丁寧な説明をしてくれます。申し訳程度の恋愛要素が入るかと思いきや、寸前にヒロイン父によってぶち壊されます。恋愛要素ほぼ0。商店街の仲間と頑張ろう的な物語です。

【作画】
作画は同シリーズで中間よりかなり上のレベルです。デフォルメはほぼなく、リアル画でしっかりと描かれています。
p2.jpg
(左から千堂こいる、千堂岩次郎、和田創太)

【目次】
 第1章 いろいろなモーター
 第2章 モーターとはどんなものか
 第3章 直流モーター
 第4章 ブラシレスモーター
 第5章 同期モーター
 第6章 誘導モーター

【内容】
 磁界、直流モーター、トルク、等価回路、ブラシレスモーター、同期モーター、交流電流、インダクタンス、誘導モーター、インピーダンス、リニアモーター、ステッピングモーター、SRモーター、すべり、同期回転数と周波数の関係が学べます。

 漫画部も活字部も非常に良くまとまっています。最初はモーターの説明ですが、全体像を載せた後に部品ごとに丁寧に説明してあります。
p3.jpgp4.jpg

 活字部でですが、電験機械科目で必須なトルク計算がおさえられています。p5.jpg
 同じく必須な同期回転数と周波数の関係、すべりに関しても簡単にですがおさえられています。
p6.jpgp7.jpg

 本書は初心者がスムーズに読めるよう展開されており、難しい説明が必要な部分ではこうなります。潔いです。

p8.jpg
 上記のようなスタンスで作られていることが明確なので、このような表現も気になりません。
 唯一分かりにくかったところが、ブラシレスモーターの章の中の整流子とブラシの関係図です。本来円形であるものを無理やり直線にしたため、分かり易くしたつもりが、返って分かり難くなってしまったパターンですね。
 
 ストーリーは面白く仕上がってます。読み進めながら、こいつは悪い奴かな?良い奴かな?など楽しみながら進めていくことができます。指導者は力技とも思える方法で、複数登場します。
 指導者がヒロインは当然ですね。
p11.jpg

 序盤で出てくる近所の薬局跡取りのイケメンは、最初嫌な奴かと思いましたが、何故か無償で指導してくれます。
p12.jpg

 そして、いきなり現れるヒロインの父親。父親も指導してくれます。まあ、電気屋の店主なので製品を買わせるのが目的のようですが。
 p9.jpg

 不動産屋というか地上げ屋。何故か丁寧にモーターを解説して、地上げをしようとします。
p10.jpg

 こんなに指導者に囲まれて和田君は幸せ者ですね。影は薄いけど。久々にすっきりときれいに終わった結末でした。マンガでわかるシリーズのお手本のような本書、電験の機械科目の基礎に役立つのでおすすめ度は★★★★★とします。
 なお、全タイトルのレビューが終了したら調整のため、若干評価を変える可能性がありますが、そこはご了承ください。

 次回は最終回「マンガでわかる シーケンス制御」です。

 ではでは

コメント

  1. 匿名 より:

    アフィリエイトにすればリンクから買う人多いと思いますよ!

  2. ぬくぬく より:

    ヒエー。アフィリエイトとかそんなシステムあるんですか(ФωФ)