電験その21_2018年度試験本番!

こんにちは

本日2018年9月1日(土)、第2種電気主任技術者試験を受けてきました。
恒例のストーリー調で綴っていきます。
今年の目標は「逃げ出さない」こと。

――当日レポ――
決戦の地は拓殖大学文京区キャンパス。
科目合格はしていないので、朝早い9:15~17:30まで、フル4科目受験だ。
6時半に起きる。

なんでもいいから朝ご飯を食べるために、乗換駅の池袋構内をウロウロ。
何食べようかな?サンドウィッチにコーヒーかな?朝から牛丼かな?
でも結局はこうなってしまう。
udon.jpg
いたって普通の味。安心の味。
8:30ごろに拓殖大学に到着。
taku1.jpg
狭いが綺麗なキャンパスだ。
taku2.jpg
taku3.jpg
試験会場に到着。長机の両端に一人ずつ着席。机間も広い。
資格試験では最高レベルの環境である。
筆記具よーし。
hikki.jpg
「合格消しゴム」は会場前で電気書院の人たちから頂いたものだ。

――1科目目「理論」開始――
riro.jpg
3年分しか過去問を解いていないが相当易化していることがわかる。
これは解けなきゃダメだろうって問題ばかりだ。
でも解けない・・・。歯がゆい。解けない・・・。:;(∩´﹏`∩);:
おそらく3種に受かった直後なら解けているレベル。
悲しいけどこれ、現実なのよね
手ごたえ 5割。公式解答公表は明後日なのでまだ未採点。

――2科目目「電力」開始――
denki.jpg
※イライラしたのでくしゃくしゃにしたのではなく、途中退出した時に急いでカバンにしまったのでこうなったのです。
難しい。手ごたえ4~5割。

考えてもわからないので、1時間ちょうどで途中退出。

昼食用におにぎりを2個買ってあったけど、なにかもっさりしたものを食べたくて最寄りの茗荷谷駅前に出る。
hiru.jpg
洋麺屋 五右衛門というところで牛ひき肉となすのパスタ(1200円位)を食べる。
おいしい。
食後は大学に戻りのんびりお昼寝(睡魔に勝てなかった)。

――3科目目「機械」開始――
kika.jpg
難しい。手ごたえ4~5割。
またしても1時間で途中退出。

――4科目目「法規」開始――
hou.jpg
一番手ごたえがなかったかも・・・。
4割弱程度かもしれない・・・。
ちなみに受験者層は60人くらいの部屋で、見た目平均40歳超、女性0人。
おっさん祭りじゃー。
科目合格を加味したうえでの欠席率3割超くらい。

さらば!拓殖大!完敗だ!
kaeri.jpg
とぼとぼと帰る。
帰りに池袋で夜ご飯を食べる。
yoru.jpg
牛カツとビール。おいしい。
採点はまだですが、一科目でも受かってればラッキー程度の感覚です。
今回の教訓。
試験前に緊張するのはしっかり勉強した証。
今回は技術士や公害防止の時のようにドキドキしなかった・・・。
胸を張って緊張しましょう。

ではでは

コメント