高圧ガスその37_甲種化学物性対策2019年度

 こんにちは

 国家試験も近づいているので、甲種化学物性問題に関して久々の更新です。

【問われる内容】
①性質・用途
②工業的製造法
A.原料
B.製造プロセス(or合成ルート

【これまでの出題履歴】
検定
H17 酢酸ビニル 塩化水素
H18 酢酸エチレン シアン化水素
H19 アセチレン アンモニア アルシン
H20 塩素 亜酸化窒素 アルゴン
H21 水素 塩素
H22 希ガス(アルゴン ヘリウム ネオン キセノン クリプトン )
H23 酸化エチレン アクリロニトリル
H24 エチレン 六フッ化硫黄
H25 ブタジエン
H26 LPガス アルゴン
H27 酸化エチレン (アセチレン、アンモニア、二酸化炭素、ブタジエン、メタン 、硫化水素、一酸化炭素の空欄穴埋め問題・未確認・情報求ム)
H28 ブタジエン(製造方法) [語句穴埋めのみ:モノシラン、アルシン、ホスフィン、ジボラン、セレン化水素]
H29 LPガス、[語句穴埋めのみ:二酸化炭素、メタン、アセチレン、ホスゲン、フッ素]
H30 アセチレン 特殊材料ガス
R01 ①水素(水蒸気改質過程)②一酸化炭素、アンモニア、シアン化水素、硫化水素、塩素、酸化エチレン(物性から名称特定)

国家試験
H17 アセトアルデヒド エチレン
H18 ブタジエン 塩化ビニル
H19 アンモニア メタノール
H20 アセトアルデヒド ジメチルアミン
H21 アクリロニトリル 塩素
H22 エチレン フッ素
H23 ブタジエン ジボラン
H24 水素 ブテン
H25 アンモニア 塩化メチル
H26 アセトアルデヒド ホスフィン
H27 アセチレン フッ化水素
H28 プロピレン シアン化水素
H29 メチルアミン 一酸化炭素
H30 アクリロニトリル 酸素

間違いを見つけたらご指摘ください><
令和一年目は・・・エチレンとブタジエンが周期的に出ているので要注意ですね。

ではでは

コメント

  1. きりの より:

    休みなしで勉強してます。疲労感が凄いw
    まあ順調かなあと思っています。
    あとはガスの性質を整理すれば終わりとなるのですが、薄く広く覚えるべきか、はたまたギャンブルするか。
    過去問を見ると、かなりDEEPに正解例が書かれていますが、あそこまでは覚えられなくてどうしようか悩み中です。何かアドバイスあればお願いします。

  2. ぬくぬく より:

    お疲れ様です。試験頑張ってください( ;∀;)
    物性は、広く浅くがいいと思います。
    ただ、高校化学で出てくる製法はしっかり押さえておいたほうが良いかと。
    とっかかりさえあれば、あとは何とか記述を埋められるケースが多いです。
    絞りすぎて、全く手を付けていない物質があるのはお勧めできません。例えば、シアン化水素って何?化学式分からない;;っていうのはまずいですね。
    あとは常識的なものは生成式をかけるように、もちろん標準生成エンタルピーの数値は覚えなくてもいいし、余裕があったら±のどっちかくらいは覚えておけばいいと思います。

  3. きりの より:

    ありがとうございます。
    記憶力が必要なテストは久々ですが
    覚えておけば確実に20点取れるのでがんばります。